★★★ JTA オフィシャルメールマガジン Tennis Fan ★★★

タイトル [1541][TENNIS FAN] 全日本特集 #6 前年覇者の内山、桑田が順当に8強入り
配信日時 2016年10月26日20時00分00秒
配信数 13501

━━━━━公益財団法人 日本テニス協会発行のオフィシャルメールマガジン━━━

            T┃E┃N┃N┃I┃S┃★┃F┃A┃N┃
            ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

━━━━━━━━ 三菱 全日本選手権 特集増刊号 2016/10/26 #6 ━━━━━━
                            
■■■■■■■■■■■ 大会開催期間中 毎日発行!■■■■■■■■■■
  http://www.jta-tennis.or.jp/alljapan/tabid/433/Default.aspx

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇前年覇者の内山、桑田が順当に8強入り--------------------------------◇

【10月26日 第5日】
女子シングルスは3回戦の残り4試合が行われ、ベスト8が出そろった。連覇を
狙う第1シードの桑田寛子(島津製作所)は、第15シードの宮村美紀(フリー)
に快勝した。第3シードの大前綾希子(島津製作所)は4年ぶり、第10シードの
鮎川真奈(橋本総業ホールディングス)は3年連続、第12シードの今西美晴(島
津製作所)は3年ぶりの8強進出。男子シングルスも3回戦に入り、第2シード
の内山靖崇(北日本物産)が今年のインカレで準優勝だった望月勇希(中央大)
をストレートで下した。第5シードの竹内研人(北日本物産)、第11シードの江
原弘泰(日清紡ホールディングス)とともに、ノーシードの諱(いみな)五貴
(明治大)がベスト8入りを果たした。男子ダブルスでは、前回優勝の第4シー
ド、綿貫裕介(橋本総業ホールディングス)/綿貫陽介(グローバルプロテニス
アカデミー)組が準決勝に勝ち上がった。

◇前年覇者の内山はインカレ準優勝の望月を下し、8強入り----------------◇

[男子シングルス3回戦]
○内山靖崇(北日本物産) 6-1,6-4 ●望月勇希(中央大)

■前年優勝の内山が順当にベスト8に進んだ。相手の望月は初戦で戦った大和田
秀俊(フミヤエース市川テニスアカデミー)と同じ中央大の学生選手で、今年の
インカレ準優勝の1年生。「学生はプロ相手だとノンプレッシャーでぶつかって
くる。そういう相手は簡単に倒せない。僕はプロ同士のほうが気持ちは楽」。内
山が学生相手のやりにくさを口にした。

■第1セットは簡単に奪ったものの、第2セットで粘られた。第9ゲームで内山
がブレークして5−3と先行したが、直後にブレークバックを許した。キープす
れば決着をつけられる場面で攻勢にでたが、ミスが続いた。「相手がしぶとくプ
レーしていて、無理をさせられた」とは内山。しかし、続く第10ゲームでは5度
のデュースの末にこのセット2度目のブレークを果たして試合を締めた。「最後
にブレークできて2セットで終われたのはよかった」。

■連覇は意識しないという内山。ここまでの2試合を振り返って「去年とそんな
に変わらない」と話す。「次の試合にどう勝つかしか考えていない」。1試合ず
つ勝ち上がった先に連覇があると目前の試合だけを見据えている。

■望月勇希の話「初めてのコロシアムの試合で舞い上がってしまった。第2セッ
トは少し落ち着いてできた。(得意の)フォアの逆クロスは返されたが、カウン
ターは打たれなかった。学生とは違ってミスが少なくて、しっかり打ったときの
ボールのコントロール、正確性がすごいと思いながら試合をしていた」
                              (谷 祐一)

◇前年女王の桑田が先輩の宮村を下し、3年連続の8強入り----------------◇

[女子シングルス3回戦]
○桑田寛子(島津製作所) 6-4,6-1 ●宮村美紀(フリー)

■第1セットは3−1としながらサービスキープに苦しみ、4−4までもつれた。
ブレークで5−4とすると、次のサービスゲームでは4度目のセットポイントを
ようやくものにした。桑田から見た宮村は「サーブもいいし、スライスも使う、
嫌らしいタイプの選手」。そのスライスでラリーのテンポを落とされ、無理に攻
めてミスという場面が目立った。

■しかし、第2セットに入ると自分の形でポイントを取る場面が増えた。第1
サーブの確率は56%から76%に跳ね上がり、得点率も第1サーブで59%から69%、
第2サーブでは54%から75%と急上昇した。ストロークでは、前に入って厳しい
コースをつく場面が増えていた。「初戦に比べ、自分のやることに集中してでき
た」と桑田。試合を進めながらリズムを立て直し、本来の姿で終えるところはさ
すが前年女王の貫禄だった。

■準々決勝では、第5シードの波形純理(伊予銀行)を破って勝ち上がった第11
シード、二宮真琴(橋本総業ホールディングス)の挑戦を受ける。「ダブルスで
も戦績を出していて、早い展開のテニスをしてくると思う。手強い相手になるが、
私も引かずに頑張りたい」。連覇に向けて1段ずつギアを上げていきたいところ
だ。                           (秋山 英宏)

◇ノーシードの諱が第9シードの岡村を下しベスト8へ--------------------◇

[男子シングルス3回戦]
○諱五貴(明治大) 6-0,6-4 ●岡村一成(ストライプインターナショナル)

■全日本前週の大学王座決定試合で大学の公式戦を終え、「背負うものがなく
なって、楽にテニスができている」という諱が、第9シードの岡村を相手に伸び
のびとプレーした。チャンスには回り込んで得意のフォアを気持ちよさそうに強
打してポイントを奪った。岡村の好打に追い込まれ、甘くなった返球を決められ
ても、悔しさよりも「やられてしまった」と相手をたたえるような笑顔がこぼれ
た。

■第1セットは「相手のミスにも助けられて、6−0で勢いをつけられた」。第
2セットは第3ゲームのブレークを守り切った。ブレーク直後の第4ゲームで2
度ブレークのピンチがあったが、攻めのプレーを貫いて切り抜けた。「サービス
ゲームに集中して、キープできたのがよかった」と諱が振り返った。

■来春、大学を卒業したら競技テニスから離れる。自分のテニスが国内のプロを
相手に「どこまでできるか試すラストチャンス」と全日本に臨んでいる。コート
サイドでは大学のOBや後輩、子供時代のテニス仲間が応援している。「最後ま
で楽しむことだけ考えている。やっていて楽しい。ベスト8はすごくうれしい」。
目指すのは2013年の田川翔太(早稲田大、当時)以来、3年ぶりとなる大学生の
ベスト4だ。                        (谷 祐一)

[男子シングルス3回戦]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○江原弘泰(日清紡ホールディングス) 6-2,7-5 ●今井慎太郎(東通産業)

■江原弘泰の話「初対戦だったがプレースタイルは知っていたので、どうやって
今井選手のバックに展開するか作戦を考えていた。相性がよくないのではと考え
ていたが、作戦がうまくいって勝つことができた。接戦を制したのは自信になる。
準々決勝にいい感じで臨める」

[男子シングルス3回戦]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○竹内研人(北日本物産) 3-6,6-0,7-6(5) ●古田伊蕗(早稲田大)

■古田伊蕗の話「タイブレークを5−2から逆転されたのは、大事なところでの
1本の経験の差がでたのだと思う。一番大事なところで取り切れなかったのが悔
しい。自分のプレーがプロ相手でも通用したのを自信に、これからも頑張りたい」

[女子シングルス3回戦]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○大前綾希子(島津製作所) 4-6,6-4,6-1 ●井上雅(テニスラウンジ)

○今西美晴(島津製作所) 6-3,6-3 ●瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)

○鮎川真奈(橋本総業ホールディングス) 4-6,6-2,6-1 ●秋田史帆(北島水産)

【第6日のみどころ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1シードの守屋宏紀に18歳の綿貫陽介が挑む

■男子シングルスで楽しみな顔合わせが実現した。センターコート第3試合とし
て行われる3回戦、第1シードの守屋宏紀(北日本物産)と第14シードの綿貫陽
介(グローバルプロテニスアカデミー)の対戦だ。守屋は初戦の2回戦で竹元佑
亮(関西大学)をストレートで下したが、試合当日の有明入りとあって調整不足
が目立ち、「感覚、体の状態ともまだまだ上げていかなければいけない」と話し
た。経験豊富でクレバーな選手だけに、1試合をこなしてプレーのレベルを上げ
るだろう。

■綿貫は今季、フューチャーズ2大会に優勝、目標にしてきたジュニアのグレー
ドA、大阪市長杯世界スーパージュニアも制し、「人生で一番飛躍した年」と手
応えを得ている。その自信を胸に11年の覇者に挑む。得意のフォアハンドとサー
ブでどれだけ守屋を苦しめらるか。18歳の潜在能力を探る意味でも注目の試合だ。

■女子シングルスは準々決勝4試合を行う。第1シードの桑田寛子(島津製作所)
は第11シードの二宮真琴(橋本総業ホールディングス)を迎え撃つ。二宮は3回
戦で07年準優勝の第5シード、波形純理(伊予銀行)にストレート勝ち。持ち味
の強打が戻り、「ラケットを振り切ることをテーマにやっているが、それができ
た」と話した。「有明のコートが好き」という桑田も、2試合をこなし、調子を
上げてきた。激しいストロークの打ち合いは必至だ。

■第2シードの加藤未唯(佐川印刷)は馬場早莉(フリー)の挑戦を受ける。馬
場はノーシードで唯一、16強入りを果たし、さらに8強に進んだ。「攻守に突出
したところはない」と謙虚だが、「しつこく打ち続け」ることでシード選手を連
破した。一方の加藤は3回戦で清水綾乃(高崎テニスクラブ)と対戦、落ち着い
て強打をしのぎ、18歳の快進撃を止めた。実績には大きな差がある両者。初優勝
を目指す加藤が雑念に邪魔されず、本来の力を発揮すれば、優位は動かないだろ
う。                           (秋山 英宏)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[第91回 三菱 全日本テニス選手権]
http://www.jta-tennis.or.jp/alljapan/tabid/433/Default.aspx
※オーダーオブプレー、試合結果はこちら(最新情報を随時更新中)
http://www.jta-tennis.or.jp/alljapan/tabid/436/Default.aspx
※出場選手リストはこちら
http://www.jta-tennis.or.jp/alljapan/tabid/441/Default.aspx
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[JTA テニス!オンライン]にてライブ配信中
http://www.tennisonline.jp/top.jsp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[日本テニス協会 広報 Twitter]
https://twitter.com/JTA_PR_Team
[日本テニス協会 広報 Facebook]
https://www.facebook.com/jta.pr
[JTA オフィシャルブログ]
http://jta.blog.so-net.ne.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆NHK BS1 放送予定
女子シングルス決勝 10月29日(土)11:00〜
男子シングルス決勝 10月30日(日)11:00〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[テニスファンのみなさまへ]
有明の朝、夕は冷え込みます。ご来場の際は防寒具をお忘れなく!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆発行  公益財団法人 日本テニス協会   発行部数 13,494部
〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館4F
TEL.03-3481-2321 FAX.03-3467-5192
      http://www.jta-tennis.or.jp/
◆取材:広報委員会 / 秋山 英宏、谷 祐一
◆編集:広報委員会 / 尾崎 智子
◆配信責任者:広報委員長 / 八田 修孝
 mailto:mail@jta-tennis.or.jp
◆登録・解除・アドレス変更は下記にてお願いいたします。
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
◆当メールマガジン[TENNIS FAN]の記載転用の際にはご連絡をお願い致します。
Copyright (C) 2001 All Rights Reserved by Japan Tennis Association
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


以上 (「Tennis Fan」は「まがCGI」を利用して配信されています)
まがCGI©Copy Right 2001 Chama.ne.jp All Rights Reserved