★★★ JTA オフィシャルメールマガジン Tennis Fan ★★★

タイトル [1545][TENNIS FAN] 全日本特集 #10 男子シングルスは18歳の綿貫陽介が初優勝
配信日時 2016年10月30日20時00分00秒
配信数 13519

━━━━━公益財団法人 日本テニス協会発行のオフィシャルメールマガジン━━━

            T┃E┃N┃N┃I┃S┃★┃F┃A┃N┃
            ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

━━━━━━━━ 三菱 全日本選手権 特集増刊号 2016/10/30 #10 ━━━━━━
                            
■■■■■■■■■■■ 大会開催期間中 毎日発行!■■■■■■■■■■
  http://www.jta-tennis.or.jp/alljapan/tabid/433/Default.aspx

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇男子シングルスは18歳の綿貫陽介が初優勝------------------------------◇

【10月30日 最終日】
男子シングルス決勝は、第14シードの綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデ
ミー)が第2シードの内山靖崇(北日本物産)を破って優勝した。18歳の綿貫陽
は1989年に優勝した谷沢英彦(SSC、当時)以来の高校生王者。男子ダブルス
では奥大賢(エキスパートパワーシズオカ)/長尾克己(エキスパートパワーシ
ズオカ)組が初優勝。女子ダブルスは今西美晴(島津製作所)/大前綾希子(島
津製作所)組が初優勝を飾り、大前は08年のクルム伊達公子以来となる単複2冠
を達成した。混合ダブルスでは綿貫裕介(橋本総業ホールディングス)/二宮真
琴(橋本総業ホールディングス)組が3連覇を果たした。

[男子シングルス決勝]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー) 6-2,6-4 ●内山靖崇(北日本物産)

■18歳が堂々たる歩みで頂点に立った。第1シードの守屋、第5シードの竹内、そ
して決勝では第2シードの前年優勝者に快勝。しかも5試合で一度もセットを落と
さなかった。「本当にうれしいという感情しか出てこない」。内山の返球がアウ
トになるのを見届けると涙を流して、長兄の裕介とのペアでつかんだ昨年の男子
ダブルスとはまた別の気持ちを味わった。

■初対戦で、立ち上がりから主導権を握った。綿貫は慎重にラリーを続けようと
してきた内山に、プレッシャーがかかっているのを感じ取っていたという。得意
のフォアハンドのクロスを中心に攻めて、第1ゲームをブレークした。第5ゲーム
は、フォアハンドの逆クロスを自信たっぷりに次々と打ち込んでブレークし、危
なげなくセットを先取した。第2セットも最初のゲームでブレークに成功。攻略
の糸口が見えず、焦りの色が濃くなっていく内山を前に、危ない場面は優勝まで
あと1ゲームとなった後だった。「朝からすべてがうまくいっていて、勝てる自
信はあった。5-4となった時に、周りの雰囲気もあって、初めて意識してしまっ
た」。3度のブレークポイントをしのいで、勝負を決めた。

■この試合で第1サーブが入った時のポイント獲得率は83%。サーブとフォアハ
ンドが武器だが、敗れた内山は「相手がやりにくいテニスをしてくるなという印
象」と評した。リターンは球威を少し落としても、足元へ深く返す。ラリーで左
右に振られても、日本選手としては長めのリーチを生かして拾い、打つリズムや
球の回転に変化をつけて相手のタイミングを外す。「人と一緒は好きじゃない。
こいつだったら何かしてくれそうだなと、見に行きたいなという選手になりたい」。
その片鱗を見せた。

■十代での全日本王者にも浮かれず、優勝スピーチで「これに満足せず、上のス
テージを目指していきたい」と言った。世界ランキングは675位。先月はデ杯代
表と一緒に練習する時間もあり、「錦織さんとか上には上がいるんで、まだまだ
な気もします」というのは実感だろう。2020年東京オリンピックの舞台に立ちた
いという思いも胸に、本格的に世界に挑んでいく。

■内山靖崇の話 「相手どうこうじゃなく、自分の力を出せなかった。それが一
番悔しい。この大会の難しさ、向かってこられる立場はあるものとしてやってい
たが…。これも自分にとってはいい勉強になった。これをどう生かしていくか」
                             (早川 忠宏)

[混合ダブルス決勝]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○綿貫裕介(橋本総業ホールディングス)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)
 6-2,6-1 
●近藤大生(エキスパートパワーシズオカ)/久見香奈恵(橋本総業ホールディングス)

■綿貫裕介の話「今年も連覇を目指して二宮選手と組んだので、(優勝して)
ほっとしている部分もある。ミックスダブルスのレベルは年々上がってきている
ので、その中で優勝できたのは自分たちのレベルも上がっているという自信にも
なる」

■二宮真琴の話「3連覇を狙っていたので試合前は緊張していたが、それはパー
トナーには内緒にしていた。いきなりブレークから入れたので、緊張もほぐれて
きて自分のプレーができた」

■混合ダブルス決勝で敗れた近藤が、今季限りでの引退を表明した。「テニス人
生を振り返ると、こうしておけばよかったという悔いのほうが強いのが正直な気
持ち」と語った近藤。一番の思い出を尋ねられると、「2008年のAIGジャパン
オープン(当時)で予選を上がったことは、うれしい、誇れる結果だった。また、
目標としていたデ杯のメンバーに選ばれて、ダブルスに出場したのもうれしいこ
とだった。全豪の予選に出場できたのもうれしい思い出」と話した。一方で、心
残りを問われると、「テニスはシングルスがメーンなので、全日本でシングルス
のタイトルを取りたかったし、デ杯のシングルス出場、グランドスラムのシング
ルス本戦出場のどれかをクリアしたかった」と話した。引退後は後進の指導に当
たる。82年生まれの近藤は、全日本には高校1年から出場して、2年と3年とベ
スト8に進出し、10年にはベスト4まで進んだ。男子ダブルスでは3度優勝して
いる。                           (谷 祐一)

[女子ダブルス決勝]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○今西美晴(島津製作所)/大前綾希子(島津製作所) 6-2,7-5
●宮村美紀(フリー)/波形純理(伊予銀行)

■大前綾希子の話「相手が勝ちに来ているのは分かっていたので、気持ちで負け
ないように元気にいこうと話してコートに入った。大事なポイントで今西選手が
引っ張ってくれて、私も乗ることができた。最後は2人の気持ちが優勝につな
がったかな」

■今西美晴の話「最初から2人でやることを決めていた。ミスをしてもやり続け
ようということで、最後までできたのが一番大きかった。1回戦から大前さんに
助けてもらっていた。迷惑をかけないように頑張ろうと思っていたのが、最後、
優勝という形になった」

[男子ダブルス決勝]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○奥大賢(エキスパートパワーシズオカ)/長尾克己(エキスパートパワーシズオカ)
 6-3,6-4 
●綿貫裕介(橋本総業ホールディングス)/綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)

■奥大賢の話「まさか自分たちが本当に優勝できるなんて思っていなかった。高
校からのペアで、長く組むほど強さは増してきて、ようやく全日本に勝てた。
フューチャーズでやってきて、変えてきた部分が生かされたと思う」

■長尾克己の話「ストローク対決はできるだけ避けたいと思っていた。失うもの
はないと決めると、強気なプレーを何回も発揮できた。一昨年くらいから全日本
に勝ちたいと発言していたけど、本当に重い。自分のテニスの履歴書で一番輝け
る賞」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[第91回 三菱 全日本テニス選手権]
http://www.jta-tennis.or.jp/alljapan/tabid/433/Default.aspx
※試合結果はこちら
http://www.jta-tennis.or.jp/alljapan/tabid/436/Default.aspx
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[JTA オフィシャルブログ]
http://jta.blog.so-net.ne.jp
[日本テニス協会 広報 Twitter]
https://twitter.com/JTA_PR_Team
[日本テニス協会 広報 Facebook]
https://www.facebook.com/jta.pr
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆発行  公益財団法人 日本テニス協会   発行部数 13,512部
〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館4F
TEL.03-3481-2321 FAX.03-3467-5192
      http://www.jta-tennis.or.jp/
◆取材:広報委員会 / 秋山 英宏、谷 祐一、早川 忠宏
◆編集:広報委員会 / 尾崎 智子
◆配信責任者:広報委員長 / 八田 修孝
 mailto:mail@jta-tennis.or.jp
◆登録・解除・アドレス変更は下記にてお願いいたします。
http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx
◆当メールマガジン[TENNIS FAN]の記載転用の際にはご連絡をお願い致します。
Copyright (C) 2001 All Rights Reserved by Japan Tennis Association
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上 (「Tennis Fan」は「まがCGI」を利用して配信されています)
まがCGI©Copy Right 2001 Chama.ne.jp All Rights Reserved