★★★ JTA オフィシャルメールマガジン Tennis Fan ★★★

タイトル [1921][TENNIS FAN]フェド杯増刊号 #3 日比野が開幕戦に快勝。土居が敗れ、1勝1敗で最終日へ
配信日時 2019年02月09日21時00分00秒
配信数 13870

━━━━ 公益財団法人 日本テニス協会発行・オフィシャルメールマガジン ━━━

               T┃E┃N┃N┃I┃S┃★┃F┃A┃N┃
               ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
          フェドカップ by BNPパリバ 2019
        ワールドグループ2部1回戦 日本−スペイン
                          増刊号 2/9 #3
■■■■■■■■■■■ FED CUP 開催期間中 配信!■■■■■■■■■■■■
         http://www.jta-tennis.or.jp/fedcup/

◇日比野が開幕戦に快勝。土居が敗れ、1勝1敗で最終日へ----------------◇

【2月9日 フェドカップ by BNPパリバ 2019
          ワールドグループ2部1回戦 日本−スペイン 第1日】

■フェドカップ by BNPパリバ 2019 ワールドグループ(WG)2部1回戦、
日本―スペイン戦は、北九州市立総合体育館で第1日のシングルス2試合を行い、
第1試合で日比野菜緒(単123位)がサラ・ソリベストルモ(単78位)に快勝し
たが、土居美咲(単121位)がジョルジナ・ガルシアペレス(単161位)に最終
セットのタイブレークで敗れ、1勝1敗となった。最終日の10日は対戦相手を入
れ替えてシングルス2試合を行い、最終試合のダブルスで加藤未唯(複47位)、
二宮真琴(同23位)組がマリアホセ・マルティネスサンチェス(複16位)、ア
リョーナ・ボルソバサドイノフ(複380位)組と対戦する。

[シングルス第1試合]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○日比野菜緒 6-4,6-2 ●サラ・ソリベストルモ

■相手のトップスピンに惑わされず、日比野が自分のプレーを貫いた。第1セッ
トはブレークの応酬で一進一退の展開になった。ソリベストルモは回転量の多い
スピンボールを多用、守備とカウンターに徹した。日比野には攻めあぐねる場面
もあり、ブレークアップのリードを保てない。それでも、あわてなかった。

■「ミスをしてゲームを落としている印象はなく、お互い、引き離されたくない
という思いからシーソーゲームになった。焦ることはなく、必ずチャンスは来る
と思った。自分のやろうとしていたことがやり続けられた」と日比野が第1セッ
トを振り返った。

■弾道の高いボールを打たれても、攻め急がなかった。ミスを続ければ相手の思
うつぼになる。「見極めて攻撃する」と決め、迷わなかった。戦術面だけでなく、
心技体の「体」と「心」にも自信があった。しつこい相手であると分かっていた
が、「フィジカルを生かし、絶対、先にへばらない、相手より1球多くコートに
ボールを返そうと決めていた」。心については、最近つかんだヒントがあった。
「外から見てどちらが勝っているか分からない態度」を保つことだ。劣勢に陥っ
ても積極的な気持ちを貫く秘訣を見つけ、実践した。「勝って、良い流れを日本
チームに持っていこうとプレーした」。イメージ通りの内容と結果に、日比野が
胸を張った。                        (秋山 英宏)

[シングルス第2試合]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ジョルジナ・ガルシアペレス 6-2,4-6,7-6(2) ●土居美咲

■ガルシアペレスが187センチの長身から時速200キロ超えのサーブを連発して、
第2セットには207キロをマークした。最終セットのタイブレークに入ってもそ
の威力は衰えなかった。「昨年、欧州の大会で220キロを出したことがある。今
日はベストという訳ではない」とガルシアペレスは話したが、サービスエース16
本を奪ったそのサーブ力は世界トップレベルだ。また、遅めのハードという会場
は、ガルシアペレスが得意とするコートだった。「このサーフェスを気に入って
いる。あまり速くないので、ハードヒットする私に向いている。インドアコート
というのも私のサーブに有効だった」。ガルシアペレスが勝因を明かした。

■その高速サーブに土居がよく食らいついた。ブロック・リターンで強力なサー
ブを返球し、ラリー戦に持ち込んでポイントを奪った。この試合で計3度のブ
レークを果たし、第3セット、6−5で迎えた第12ゲームの相手サーブではマッ
チポイントも握った。しかし、ここで189キロのサーブが角度のあるところに
入ってきて、リターンがネットにかかってしまった。ラリー戦で土居は、大柄な
相手を振り回していったが、攻めのショットはリスクと隣合わせ。第3セットの
タイブレークでは要所でミスがでて、立ち上がりの5ポイント連取を許して、惜
しい白星を取りこぼした。

■「相手のサーブが良かったので、(自分の)サービスゲームにプレッシャーが
かかっていた」と土居が振り返った。第1セットで2度、第3セットでも序盤に
2度サーブを破られた展開には、「自分のサーブをもう少しキープできていたら、
もっと(相手サーブをブレークする)可能性は広がったかなと思う」と無念さを
のぞかせた。2年ぶりの代表戦出場だっただけに「これだけ応援をもらえる環境
はなかなかない。チームの後押しがあったのもうれしかったので、だからこそ勝
ちたかった」。土居にとって悔しさの募る一戦だった。     (谷 祐一)

■日本チームの土橋登志久監督「日本チームもスペインチームも100%全力を出
した素晴らしい試合だった。1勝1敗は想定内と言えば想定内。土居はベストを
尽くしてくれた。明日に向け、しっかり準備をして戦うのみだと思っている」

■スペインチームのアナベル・メディナガリゲス監督「タフな対戦になるのは分
かっていた。1勝1敗はいい結果だと思う。また明日に備えたい」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆第2日/2月10日(日)12:00〜
[シングルス第1試合]土居美咲 − サラ・ソリベストルモ
[シングルス第2試合]日比野菜緒 − ジョルジナ・ガルシアペレス
[ダブルス]加藤未唯/二宮真琴 −
   マリアホセ・マルティネスサンチェス/アリョーナ・ボルソバサドイノフ

*フェドカップでは第1日にシングルス2試合、第2日にシングルス2試合とダ
ブルス1試合を行い、先に3勝したチームの勝利です。フェドカップ規則に基づ
き、出場選手は変更される場合があります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[日本テニス協会・フェドカップ]
http://www.jta-tennis.or.jp/fedcup/
[国際テニス連盟(ITF)フェドカップ]
https://www.fedcup.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※フェド杯日本−スペイン戦の日本国内での生中継は、
スポーツ・チャンネル「DAZN(ダ・ゾーン)」
(テレビ、PC、タブレット、スマートフォンなど)で視聴できます。
https://www.dazn.com/ja-JP

※ライブスコアは ITF の FED CUP サイトでご覧いただけます。
https://www.fedcup.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆発行   公益財団法人 日本テニス協会   発行部数 13,871部
〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館4F
      TEL.03-3481-2321 FAX.03-3467-5192
      http://www.jta-tennis.or.jp/
◆現地取材:広報委員会 / 谷 祐一、秋山 英宏
◆編集:広報委員会 / 尾崎 智子
 mailto:mail@jta-tennis.or.jp
◆登録・解除・アドレス変更は下記URLにてお願いいたします。
 http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx#subscribe
◆当メールマガジン[TENNIS FAN]の記載転用の際にはご連絡をお願い致します。
Copyright (C) 2001-2019 All Rights Reserved by Japan Tennis Association
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


以上 (「Tennis Fan」は「まがCGI」を利用して配信されています)
まがCGI©Copy Right 2001 Chama.ne.jp All Rights Reserved