★★★ JTA オフィシャルメールマガジン Tennis Fan ★★★

タイトル [1938][TENNIS FAN]フェド杯増刊号 #3 土居、日比野が快勝。日本が2連勝で残留に王手
配信日時 2019年04月20日16時00分00秒
配信数 13894

━━━━ 公益財団法人 日本テニス協会発行・オフィシャルメールマガジン ━━━

               T┃E┃N┃N┃I┃S┃★┃F┃A┃N┃
               ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
          フェドカップ by BNPパリバ 2019
        ワールドグループ2部プレーオフ 日本−オランダ
                          増刊号 4/20 #3
■■■■■■■■■■■ FED CUP 開催期間中 配信!■■■■■■■■■■■■
         http://www.jta-tennis.or.jp/fedcup/

◇土居、日比野が快勝。日本が2連勝で残留に王手-------------------------◇

【フェドカップ by BNPパリバ 2019
        ワールドグループ2部プレーオフ 日本−オランダ 第1日】

フェドカップ by BNPパリバ2019ワールドグループ(WG)2部プレーオフ、
日本―オランダ戦が20日、大阪市のITC靱テニスセンターで始まった。第1日
のシングルスでは土居美咲(シングルス104位)と日比野菜緒(112位)が出場し
た日本が2連勝して、WG2部残留にあと1勝とした。第1試合では土居がリヘ
ル・ホヘンカンプ(176位)を6−3、6−4で下すと、第2試合では日比野が
ビビアネ・スフーフス(149位)に6−1、6−2と快勝した。最終日の21日は、
対戦相手を入れ替えてのシングルス2試合と青山修子(ダブルス44位)/穂積絵
莉(ダブルス31位)組がレスリー・ケルクホフェ(122位)/デミ・シュールス
(7位)組が対戦するダブルス1試合が予定されている。

[シングルス第1試合]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○土居美咲 6-3, 6-4 ●リヘル・ホヘンカンプ

■国別対抗戦オープニング・マッチの重圧を感じさせない土居のプレーだった。
第1ゲームの自分のサービスは4ポイントを連取した。第2ゲームのブレークポ
イントはものにできなかったが、第4ゲームで最初のブレークを果たした。ラ
リーでは積極的に回り込んで得意のフォアを逆クロス、ダウンザラインと打ち込
んだ。フラットな当たりのバックハンドも鋭角に決まった。フォアを生かすため
にスピンボールを打ったり、ボールのペースを落としたりと、プレーにメリハリ
もあった。トップ100に入っていたころの土居のプレーが靱のハードコートで再
現された。「最初から緊張していたが、自分のテニスができたらチャンスはある
と思っていた。全体的にいい形でできた」と土居は納得の表情だった。

■不満が残るとすれば第2セット。相手サーブを2度ブレークした後の4−1か
ら、この試合で唯一のブレークを許して、そのまま4−3と迫られたところだろ
う。ブレークされたゲームは30−0から4ポイントを連続で失った。回り込みの
フォアでミスが続き、最後は相手の浮いてきた返球を攻めたドライブボレーが
ネットにかかってしまった。相手のホヘンカンプが「(土居が)4−1から調子
を落として、唯一苦労した場面」と振り返ったが、そこから土居がしっかり立て
直した。コースを打ち分けたサーブをきっちり入れて相手のリターンミスを誘い、
その後はブレークポイントを与えなかった。

■2月のワールドグループ2部1回戦のスペイン戦では、初日のシングルス第2
試合で惜敗、チームもスペインに2勝3敗で敗れた。「(スペイン戦は)相手の
プレーが良かったというのはあるが、私の試合が一番チャンスがあった。その敗
戦があったから、今日はリベンジしたいという思いが強かった」と土居は言う。
「今日、そのリベンジを達成できたのは自分にとっても、チームにとっても大き
な1勝になった」。チームを勢いに乗せる白星を復調著しい土居がつかみ取った。
                              (谷 祐一)
[シングルス第2試合]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○日比野菜緒 6-1,6-2 ●ビビアネ・スフーフス

■日比野が相手の3倍近い23本のウィナーを決め、圧勝した。2セットとも相手
の最初のサービスゲームをブレークし、一度もリードを許さなかった。フォア、
バックともハードヒットが武器だが、この試合ではネットプレーを含めたショッ
トの多彩さと緩急をうまく生かした。回転量の多いトップスピンから一転してフ
ラットの強打、厳しいショットで相手を追い込みネットで仕留めるプレーなど、
思うがままに攻め、調子の上がらないスフーフスを圧倒した。

■「彼女のプレーが素晴らしく、私は自分のプレーをさせてもらえなかった。で
きることはすべてやったし、全力を尽くしたが、それでも十分ではなかった」と
スフーフスはお手上げの表情だった。

■ドロップショットや強打から積極的にネットを奪う展開は、日比野の新たな
一面だ。「(2月末から4月初頭の)米国遠征から積極的に練習するようにして
いる。どういうふうにネットにつなげるかと考え、スライスなどバリエーション
のあるショット選択を練習してきた。それが今日は出せた」と日比野は会心のプ
レーを振り返った。

■「土居選手が(第1試合の勝利で)いい流れを持ってきてくれた。コーチやほ
かの選手たちも一緒に戦っている気持ちでコートに入れたので、過去3回のフェ
ド杯より良いプレーができた」。2連勝した日本チームの殊勲者は、チームメー
トと一緒につかんだ勝利であることを強調した。        (秋山 英宏)

【両チーム監督のコメント】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日本の土橋登志久監督「2勝するための準備はできていた。2人の内容は素晴
らしかったがまだ終わったわけではない。次の1ポイントどうやって取りにいく
かに集中したい」

■オランダのポール・ハールフース監督「日本が最初から最後までいいプレーを
して、我々にチャンスが回ってこなかった。自分たちのリズムを作ることができ
なかった。一言でいえば日本チームが勝っていた。明日は何を変えなければいけ
ないか? 勝たなければいけないということだ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆第2日/4月21日(日)11:00〜
[シングルス第1試合]土居美咲 − ビビアネ・スフーフス
[シングルス第2試合]日比野菜緒 − リヘル・ホヘンカンプ
[ダブルス]青山修子/穂積絵莉 − レスリー・ケルクホフェ/デミ・シュールス

*フェドカップでは初日にシングルス2試合、第2日にシングルス2試合とダブ
ルス1試合を行い、先に3勝したチームの勝利です。フェドカップ規則に基づき、
出場選手は変更される場合があります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[日本テニス協会・フェドカップ]
http://www.jta-tennis.or.jp/fedcup/
[国際テニス連盟(ITF)フェドカップ]
https://www.fedcup.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※フェド杯日本−オランダ戦の日本国内での生中継は、
スポーツ・チャンネル「DAZN(ダ・ゾーン)」
(テレビ、PC、タブレット、スマートフォンなど)で視聴できます。
https://www.dazn.com/ja-JP
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆発行   公益財団法人 日本テニス協会   発行部数 13,884部
〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館4F
      TEL.03-3481-2321 FAX.03-3467-5192
      http://www.jta-tennis.or.jp/
◆現地取材:広報委員会 / 谷 祐一、秋山 英宏
◆編集:広報委員会 / 尾崎 智子
 mailto:mail@jta-tennis.or.jp
◆登録・解除・アドレス変更は下記URLにてお願いいたします。
 http://www.jta-tennis.or.jp/tennisfan/tabid/105/Default.aspx#subscribe
◆当メールマガジン[TENNIS FAN]の記載転用の際にはご連絡をお願い致します。
Copyright (C) 2001-2019 All Rights Reserved by Japan Tennis Association
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上 (「Tennis Fan」は「まがCGI」を利用して配信されています)
まがCGI©Copy Right 2001 Chama.ne.jp All Rights Reserved